筋トレ・フィットネス&ダイエット
  トップページ > ウォーキング

ウォーキングで生活習慣病の予防・改善


トップ > ウォーキング


ウォーキングで体脂肪を燃焼させたり、生活習慣病の予防・改善をするには、1日1万歩が理想ですが、無理をせずに体力に応じて行うことが大切です。



 目次
 1. ウォーキングの基礎知識と運動効果
 2. ウォーキングの歩幅・速度・消費カロリー
 3. ウォーキングのエネルギー源と脂肪燃焼
 4. ウォーキングの運動時間と頻度、効果的な時間帯
 5. ウォーキングの効果を上げるには

ウォーキングの基礎知識と運動効果

現代人の平均歩数

生活習慣病の予防・改善をするには1日1万歩が理想ですが、無理をせずに体力に応じて行うことが大切です。

フォームと呼吸法

ウォーキングは、長続きさせるのが最も重要なので、まずは自分にとって、楽な歩き方をすることです。 慣れてきたら、フォームや呼吸を気にするようするとよいです。

やってはいけない歩き方

カバンやショルダーバッグを片側で持ったりするのは、左右のバランスが悪く、好ましくない歩き方です。 ハイヒールで歩くことも、よくありません。

ウォーキングの運動効果

足腰の強化、骨の強化、血行促進、心肺機能の向上、生活習慣病の改善などの効果があります。 歩き方によって、得られる効果は変わってきます。

ウォーキングで得られる効果を詳しく解説



ウォーキングの歩幅・速度・消費カロリー

歩行速度と消費カロリー

速く歩くほど、消費カロリーが大きく、筋力も強化できますが、 まずは、自分の体力に合ったスピードで歩くことが大切です。

ウォーキングの歩幅とスピード

無理に歩数を増やしても、疲れて歩幅が狭くなったり、速度がゆっくりになっては、エネルギー消費の効率が悪くなってしまいます。

高速ウォーキング

高速ウォーキングを取り入れると、心臓などへの負担も大きいですが、運動効果も大きいです。

ウォーキングでカロリー消費を増やすには

ウォーキングのエネルギー源と脂肪燃焼

ウォーキングのエネルギー源

ウォーキングで、体脂肪がエネルギーとして多く使われるようになるのは、20分くらい歩き続けた後ですが、20分未満でも効果は十分にあります。

ウォーキングで脂肪燃焼

湯酸素運動では、体脂肪が燃えやすい心拍数があります。 また、運動前に体脂肪が分解していると、燃焼効率が格段に上がります。

ウォーキングで効率よく脂肪燃焼するには



ウォーキングの運動時間と頻度、効果的な時間帯

ウォーキングの運動時間

30分〜1時間くらい歩き続けると効果的で、簡単ではありませんが、途中で休憩を入れても、効果は得られます。

ウォーキングの頻度

ウォーキングは続けないと意味がないので、無理をせず週3回くらいを目安に行うと長続きします。

ウォーキングの効果的な時間帯

ウォーキングなどの有酸素運動で、体脂肪を燃焼するには、効率の悪い時間帯、効果的な時間帯があります。

ウォーキングの時間と頻度、効果的な時間帯

ウォーキングの効果を上げるには

ウォーキングの効果を上げるには

歩いた歩数、距離、消費カロリーなどを記録すると、目標達成によって、さらに歩く気が起こります。

坂路ウォーキングと階段上がり

坂道ウォーキングや階段上がりは、運動強度が大きく心臓などへの負担も大きいですが、筋力アップして、消費カロリーも増加します。

自宅でステップ運動

ステップ運動は、腸腰筋が強化されて姿勢が良くなり、お腹が引き締まります。つまづき・転倒防止などの効果もあります。

ウォーキングの効果を上げる方法を詳しく解説





プライバシーポリシー  
カテゴリ
 効率よい筋力トレ方法
 筋トレメニュー
 チューブトレーニング
 バランスボール
 脂肪を減らすエクサ
 ストレッチ
 有酸素運動
 ウォーキング
 食事で筋肉づくり
 カロリーダイエット
 よく分かる筋トレ
 スポーツ別の筋トレ