筋トレ・フィットネス&ダイエット
  トップページチューブトレーニング > 内転筋

チューブトレーニング(内転筋)・内ももを引き締め、O脚を改善

ダンベルでは強化しにくい股関節まわりの内転筋(太ももの内側)を鍛えるチューブトレーニングです。内転筋を強化することで、太ももの内側が引き締まり、O脚も改善されます。

 目次
 1. 内転筋の筋肉を強化する種目
 2. トレーニングのしかた

内転筋の筋肉を強化する種目

股関節内転
鍛えられる筋肉:内転筋
股関節・内転 股関節・内転
@内側の足首にチューブを巻いて立ちます。(図1)
A膝を曲げないようにして、ゆっくりと足を内側に向かって引き、ゆっくりと元に戻します。(図2)

太もも内転
鍛えられる筋肉:内転筋
太もも内転 太もも内転
@チューブを椅子とひざ下に結んで座ります。(図1)
A床につけた足を動かさずに、内側へ太ももを動かし(図2)、ゆっくり元に戻します。

内転筋のエクササイズ
鍛えられる筋肉:内転筋
内転筋のエクササイズ 内転筋のエクササイズ
@椅子に座って両足でそろえ、ひざを開きます。(図1)
A両足でチューブを踏み、チューブをクロスさせて両手で端を持ち、強く張ります。(図1)
B内転筋を意識しながら、ひざを閉じ、ゆっくり元に戻します。(図2)



チューブトレーニングのしかた

チューブの特徴
  • 3次元の方向に負荷をかけられるのが、ダンベルと違う点です。
  • チューブは、引っ張るほど負荷が大きくなります。
  • チューブを2重にしたり、短く持つことでも負荷を大きくできます。

  • 回数とセット数
  • 無理をせずに、動作が最後までできるチューブを使って行います。
  • ゆっくり10回くらい反復すると、きつくなるくらいに負荷を調節します。
  • 各部位を10回×(1〜3)セット行います。

  • トレーニングチューブ
    強度別の5本セットです。高品質の天然ラテックス素材で、高強度の引っ張りに耐えます。

     関連項目
     ストレッチ(股関節)



    プライバシーポリシー