筋トレ・フィットネス&ダイエット
  トップページトレーニング器具スクワット補助器具

ラクに脚の筋肉を強化!スクワットを補助する器具

脚の筋肉を維持するには、ウォーキングだけでは難しく、スクワットなどの筋トレが必要です。正しい姿勢でスクワットを行うことで、膝や腰への負担を少なく、効率よく筋肉をつけることができます。

スクワットサポート器具

 目次
 1. スクワットの筋トレ効果
 2. スクワット補助器具のトレーニング体験談・口コミ
 3. スクワットを補助する器具


スクワットの筋トレ効果

脚の筋肉は衰えるのが早い

歳をとるにつれて筋肉は衰え、とくに脚の筋肉は著しく衰えていきます。 脚の筋肉を維持するためにウォーキングが推奨されますが、これだけでは筋肉はつかず、維持するのも難しいと言われます。 筋肉をつけるには、ウォーキングよりも大きな負荷をかける必要があります。

スクワットが最適

脚の筋肉をつけるには、スクワットが最適です。 スクワットでは、体の部位で最も衰えるのが著しい、太ももの筋肉を鍛えることができます。 また、基礎代謝を上げる、血糖値を下げる、成長ホルモンを分泌させるなどの効果も得られます。

基礎代謝が上がる

筋肉がつくと基礎代謝が上がります。 太ももは、最も筋肉量の多い部位なので、基礎代謝が大幅に上がります。 基礎代謝が上がると、何もしていない安静時も、余分なカロリーを消費してくれます。

ウエストが細くなる

体の中で、最も脂肪がつきやすいのは、お腹です。 逆に言えば、脂肪が落ちやすい部位でもあります。 基礎代謝が上がると、お腹の脂肪から落ちていくので、ウエストが細くなります。

成長ホルモン

筋トレをすると、成長ホルモンが分泌されます。 成長ホルモンは、筋肉をつけたり、体脂肪燃焼などの働きがあります。 スクワットは、太ももの大きな筋肉に負荷をかけるので、成長ホルモンの分泌が促進します。

血糖値を下げる

太ももの筋肉を動かすことは、エネルギーをたくさん消費するので、血糖値を下げることにもなります 食後血糖値が高くなる時間帯にスクワットをすることで、余分な血糖が体脂肪になるのを防ぐことができます。


スクワット補助器具のトレーニング体験談・口コミ

スクワット補助器具で筋トレを続けた方々に、実践結果(成功体験や失敗談)をアンケートしました。

膝に痛みを感じない Aさん女性
私は膝痛があるのでスクワットができませんでしたが、これを使えば膝にかかる負荷が軽減されて、痛みがなくトレーニングができます。 簡単に運動できるので、毎日少しずつ、朝、昼、晩に継続しています。 最近、太ももの筋力が強くなって、お腹周りも引き締まってきました。

消費カロリーを増やす Bさん男性
糖尿病予備軍なので、太ももがカロリーをたくさん消費すると知り購入しました。 初めは10回行うのも辛かったですが、今では100回くらい続けてできるようになりました。 食後に高くなった血糖値を下げるのにも効果的です。

老後に向けて足腰を強化 Cさん女性
前から気になっていたので購入することを決めました。 思っていたよりも軽く、場所を取らないので、どこにでも移動して運動ができます。 やってみると、脚に相当な負荷が掛かり、その後の数日は筋肉痛になりました。 スクワットを継続することで、丈夫な足腰をキープして健康に過ごしたいです。

スクワット

腹筋も鍛えられる Dさん男性
以前はジムで、様々なマシンを使ってトレーニングしていましたが、スクワットマジックはこれ一台で腹筋と太ももを同時に鍛えられて重宝しています。 腰には負担をかけずに正しい姿勢でスクワットができるので、ロスなく適切に筋肉へ負荷をかけることができます。 短時間でも、かなりの効果が得られそうです。

体脂肪が2kg減った Eさん女性
スクワット器具でトレーニングを始めると、ずっと軽い筋肉痛を感じるようになりました。 2週間ほど続けて体組成を計ってみると、体脂肪が2kgも減っていて、肥満体型から脱却できていました。 代わりに筋肉がついたので、代謝も上がって、さらに体脂肪を燃焼できそうです。

スクワットを補助する器具

腰や膝への負担を軽減

運動に慣れていない方がスクワットを行うと、十分な効果が得られなかったり、膝や腰を痛める恐れもあります。 そのような場合には、関節などへの負担を減らして、正しい姿勢でのスクワットができる器具もあります。

スクワットを補助する器具の詳細

スクワットマジック
立ち上がる際に、反発力により関節への負担を少なく、正しい姿勢でのスクワットをサポートしてくれる器具です。
負荷は3段階調整、耐荷重110kg。
スクワットスリール
ミズノ(MIZUNO)
イスに座る&立つの動作で、正しくラクにスクワットができる、トレーニング椅子です。負荷がかかる上昇動作では、脚部分のガスシリンダーが補助してくれます。
耐体重100kg
スクワットベンチ
ヒップ、太もも、ふくらはぎ、お腹の筋肉も鍛えられるスクワットマシンです。
どんな体格でも適用される6段階調整、耐荷重150kg。



プライバシーポリシー  
 トレーニング器具
 ◆上半身
 アームバー
 エキスパンダー
 プッシュアップバー
 バーンマシン
 懸垂マシン
 リストハンマー
 リストローラー
 リストトレーナー
 パワーボール
 ウェイトジャケット
 ◆体幹(腹筋・背筋)
 アブローラー
 ABスリマー
 シットアップベンチ
 EMS機器
 呼吸筋強化器具
 バランス&ツイスト
 フラフープ
 ローイングマシン
 ◆下半身
 ステッパー
 ステップ運動
 エアロバイク
 レッグスライダー
 内もも引き締め器具
 スクワット補助器具
 エアウォーカー
 エア縄跳び
 バランスクッション
 金魚運動マシン
 振動ダイエットマシン

カテゴリ
 効率よい筋力トレ方法
 筋トレメニュー
 チューブトレーニング
 バランスボール
 脂肪を減らすエクサ
 ストレッチ
 有酸素運動
 ウォーキング
 食事で筋肉づくり
 カロリーダイエット
 よく分かる筋トレ
 スポーツ別の筋トレ
 筋トレ器具の効果