筋トレ・フィットネス&ダイエット
  トップページトレーニング器具フラフープ

フラフープで腹斜筋を強化・ウエストを引き締める

フラフープは、ウォーキングの3倍のエネルギーを消費します。腰をひねる運動で、鍛えるのが難しい腹斜筋を強化したり、腰周りの脂肪を落とすのにも最適です。わき腹をスッキリさせ、ウエストにくびれをつくります。

フラフープ

 目次
 1. フラフープの運動効果と消費カロリー
 2. フラフープで血行促進&体脂肪燃焼
 3. フラフープでのトレーニング体験談・口コミ
 4. フラフープの種類


フラフープの運動効果と消費カロリー

お腹・脚を引き締める

フラフープは腰をひねる全身運動で、 わき腹の筋肉である腹斜筋を強化し、ウエストにくびれをつくります。 太ももの内側や外側の筋肉、ヒップアップ効果のある大臀筋、 姿勢をよくする脊柱起立筋も使われます。

体が柔らかくなる

フラフープのように腰を回すと、体全体の柔軟性をよくする効果があります。 運動を継続することで柔らかく、しなやかな体にすることができます。

フラフープの消費カロリー

フラフープは、10分で100kbalのエネルギーを消費します。 これは30分のウォーキングに相当する強度の大きな運動です。 フラフープだけでもウエストを引き締めることができますが、 筋トレ後に行えば引き締め効果が倍増します。

フラフープで血行促進&体脂肪燃焼

筋トレ後の運動で腹筋を割る

筋トレ後は、成長ホルモンが分泌されて、体脂肪が分解されている状態になっています。 このタイミングでフラフープを行なうことで、効率よく体脂肪がエネルギーとして使われます。 特に、お腹の脂肪は落ちやすく、腹筋を割るにも効果的です。

血行をよくする

フラフープは、腹部を刺激します。 指圧効果により血行をよくして代謝を上げ、体脂肪の燃焼を促進します。 リング内側の凹凸があるフラフープなら、さらに刺激できます。

ウエイトフラフープ

重量のあるフラフープで1.5kg〜2kgあります。 普通のタイプよりも負荷が大きいですが、より遠心力がかかるので回しやすく運動が持続します。


フラフープのトレーニング体験談・口コミ

フラフープで筋トレを続けた方々に、実践結果(成功体験や失敗談)をアンケートしました。

お腹まわりがスッキリ
ダイエットの目的でフラフープを買いました。
子どもの頃にやっていたので、できると思っていましたが、あまりできませんでした。
継続すると感覚が戻って、徐々にできるようになり、現在は左右5分ずつ回しています。
血行がよくなって、お腹まわりがスッキリした感じです。

負荷をかけて腹筋を割る
腹筋運動の後に、さらに負荷をかけるためにフラフープをやっています。
シットアップでシックスパックを鍛えて、フラフープで腹斜筋やインナーマッスルを刺激します。
代謝アップしたことで脂肪が燃焼して、腹筋が割れてきました。

産後の体脂肪燃焼に
産後の下っ腹や腰まわりの脂肪に効くというので、フラフープを始めました。
何年ぶりかでフラフープを使った後は、お腹が筋肉痛になりました。
テレビを見ながら、音楽聞きながら運動できるのがよいです。

姿勢がよくなった
初めのうちは数回しか回せませんでしたが、コツが分かると3分くらい回せるようになりました。
体のバランスが悪いせいか、右回りはうまくできますが、左回りはぜんぜんできませんでした。
継続すると左にも回せるようになって、ウエストも引き締まり、姿勢がよくなったと思います。

ヒップアップ効果がある
毎日、左右5分ずつ、フラフープを回しています。
フラフープはお腹だけでなく、腰から太ももも動かすので、全身運動と言えます。
体重はあまり変わりませんが、ウエストが細くなり、ヒップアップ効果もありました。
毎日運動することで、お通じもよくなりました。

フラフープの種類

スポーツフラフープ
トータルフィットネス
組み立てタイプのフラフープ。側面は凹凸になっており、腹部を刺激して血行をよくます。
ウエイト フラフープ
鉄人倶楽部(IRONMAN・CLUB)
1.5kgのウエイトで遠心力がかかり、回しやすいです。内側の突起がウエストを刺激します。
サイズ:90cm
重量:1500g




プライバシーポリシー  
 トレーニング器具
 ◆上半身
 アームバー
 エキスパンダー
 プッシュアップバー
 バーンマシン
 懸垂マシン
 ◆体幹(腹筋・背筋)
 ABスリマー
 シットアップベンチ
 EMS機器
 呼吸筋強化器具
 バランス&ツイスト
 ◆下半身
 ステッパー
 ステップ運動
 エアロバイク
 レッグスライダー
 内もも引き締め器具
 スクワット補助器具
 エアウォーカー
 エア縄跳び
 バランスクッション
 金魚運動マシン
 振動ダイエットマシン

カテゴリ
 効率よい筋力トレ方法
 筋トレメニュー
 チューブトレーニング
 バランスボール
 脂肪を減らすエクサ
 ストレッチ
 有酸素運動
 ウォーキング
 食事で筋肉づくり
 カロリーダイエット
 よく分かる筋トレ
 スポーツ別の筋トレ
 筋トレ器具の効果