筋トレ・フィットネス&ダイエット
  トップページトレーニング器具アームバー

アームバーで大胸筋と広背筋・前腕を鍛える

アームバーは、スプリングの戻る力に、逆らいながら曲げることで、上半身を強化できる手軽な器具。 前腕も鍛えられ、野球やゴルフの力強いスイング、テニスや卓球のバックハンドなどにも効果的です。

アームバー

 アームバーの筋トレ効果
 1. 大胸筋に負荷を集中できる
 2. 広背筋が鍛えられる
 3. 前腕の筋力アップ
 4. アームバーでのトレーニング体験談・口コミ
 5. アームバーの種類と負荷


大胸筋に負荷を集中できる

大胸筋に負荷が集中する

アームバーは、大胸筋を鍛えるのに手軽で最適な器具です。 ダンベルトレーニングで言うと、ベンチプレスよりもフライの動作に近いです。 プレスは、上腕三頭筋も使いますが、フライは大胸筋に負荷が集中します。

大胸筋を追い込める

ベンチプレスで腕が疲れると、胸の筋肉は元気でも、バーベルを挙げることはできません。 そこで、腕の筋肉をあまり使わないアームバーが効果を発揮します。 ベンチプレス後に、アームバーで大胸筋を追い込むと、さらに胸板を厚くできます。

フライが手軽にできる

フライは、フラットベンチでダンベルフライをするか、ジムなどでバタフライマシンを行うしかなく、たいへんです。 その点、アームバーなら、手軽にフライと似た効果を得ることができます。

野球やゴルフのスイングに効果的

野球やゴルフのスイングでは、脇を閉めることが重要です。 アームバーを曲げる動作は、脇を閉めることと同じです。 スイングで脇が開いてしまう人は、アームバーでのトレーニングも役に立ちます。

広背筋が鍛えられる

逆三角形の体になる

アームバーは、肩関節を内転させる動きに当たり、大胸筋の他に、広背筋がよく使われます。 広背筋が発達すると、肩幅が広くなり、「逆三角形の体」になります。

アームバーは懸垂と同じ動き

肩関節の内転は、イメージしにくいですが、懸垂やラットプルダウン、ボート漕ぎと同じような動きです。 アームバーを曲げることと、懸垂で体を持ち上げることは、肩関節が同じ動きをします。 懸垂ができない人は、アームバーでトレーニングすれば、広背筋が鍛えられ、懸垂ができるようになるかも知れません。

前腕の筋力アップ

前腕へのアームバーの効果

前腕に注目すると、アームバーの動きは、スピネーションの動きに該当します。 特に、回外筋が強化されるので、テニス、バドミントン、卓球などのバックハンドなどに効果的です。 回外筋は、容器のフタを閉める際に使われる筋肉でもあり、前腕を太くすることもできます。

野球・ゴルフで飛距離アップ

野球やゴルフのスイングでも、インパクトの際に、後ろの腕でボールを押し込みます。 このときに使われるのも、広背筋や前腕の回外筋なので、アームバーはパンチ力、飛距離のアップにも効果的です。

スピネーションの動作
スピネーション スピネーション
@図1.台に腕を乗せ、手の平を下にしてハンマーバーを持ちます。
A図2.ひじを動かさずに、ウエイトを持ち上げ、ゆっくりと戻します。


アームバーのトレーニング体験談・口コミ

アームバーで筋トレを続けた方々に、実践結果(成功体験や失敗談)をアンケートしました。

胸に筋肉がついた Aさん男性
普段は自宅で主に腕立て伏せやダンベルトレーニングをしていましたが、胸板がなかなかつきませんでした。 そこで、アームバーを買って使ってみると、腕立て伏せでは得られない刺激があり、1週間ほどで胸に筋肉がついてきたように感じます。 大胸筋のほかにも腕や腹筋、背筋など、1台で上半身を効率的にトレーニングできます。 強度40kgでもかなりキツく、50kgは曲げることができません。

50kgのアームバーはきつい Bさん男性
私はベンチプレスで100kgを挙げられますが、50kgのアームバーはとても強度が強く感じます。 目一杯に力を出さなければ、グリップが付くまで曲がりません。 アームバーを曲げるのは、大胸筋だけではないことが実感できます。

バストアップと二の腕のシェイプアップ Cさん女性
負荷を調整できるアームバーを購入しました。グリップは持ちやすく、手が滑らないので安全にトレーニングできます。 私は日頃からウエイトトレーニングをしていますが、女性なら20sでも十分な負荷になると思います。 二の腕の脂肪対策やバストアップを期待して、アームバーでトレーニングを頑張っています。

アームバーの種類と負荷

強度30kgのアームバーなら初級者、40kgは中級者、50kgは上級者向けです。 強度調整可能なアームバーを選べば、何本も揃える必要がなく、トレーニングの幅が広がります。
アームバー 50kg
La・VIE(ラ・ヴィ)
大胸筋、腕、肩などが鍛えられます。どこでも気軽にトレーニングできます。
トレーニングダンパー
マクロス
持ち手の位置を変えれば強度調節可能です。
グリップ外側を握ると35kg、グリップ内側を握ると45kgです。
重量約2.3kg。
マッスルモンスター アームバー 30kg 〜60kg 調整可能
大胸筋と腕を短期間で鍛える為に開発された筋トレマシーンです。
自分のレベルに合わせて30kg・40kg・50kg・60kgに負荷を調整できます。




プライバシーポリシー  
 トレーニング器具
 上半身
 アームバー
 エキスパンダー
 プッシュアップバー
 バーンマシン
 懸垂マシン
 体幹(腹筋・背筋)
 EMS機器
 バランス&ツイスト
 下半身
 ステッパー
 ステップ運動
 エアロバイク
 レッグスライダー
 内もも引き締め器具
 スクワット補助器具
 振動ダイエットマシン
 エア縄跳び

カテゴリ
 効率よい筋力トレ方法
 筋トレメニュー
 チューブトレーニング
 バランスボール
 脂肪を減らすエクサ
 ストレッチ
 有酸素運動
 ウォーキング
 食事で筋肉づくり
 カロリーダイエット
 よく分かる筋トレ
 スポーツ別の筋トレ
 筋トレ器具の効果