脚(下腿)のストレッチ・血行促進で代謝アップと浮腫みの改善

トップ > ストレッチ > 脚(下腿)

 

ふくらはぎの筋肉(腓腹筋、ヒラメ筋)や脛の筋肉(前脛骨筋)、アキレス腱、足裏を伸ばすストレッチです。
ふくらはぎは、第二の心臓とも呼ばれ、筋肉を柔軟にすることで、血行・代謝がよくなります。

下腿のストレッチ

カフストレッチ ふくらはぎのストレッチ
本などの上に足を乗せて立ちます。
息を吐きながらゆっくりとかかとを下ろしていき、30秒ほどキープします。
ふくらはぎ上部(腓腹筋)をストレッチできます。
左右につま先の向きを変えることで、広範囲を伸ばせます。
アンクルストレッチ アンクルストレッチ
①しゃがんだ状態から、片脚のひざから下を床につけ、もう片方の脚はひざを立てます。
②かかとを床につけたまま上体を前へ倒して行きます。
ふくらはぎ下部(ヒラメ筋)、足首、アキレス腱をストレッチできます。
下腿外側のストレッチ
図のような傾斜のある板の上に足裏をつけて立ちます。
下腿の前側から外側を伸ばせます。
下腿前側のストレッチ
①床に座って開脚します。
②つま先をつかんで、ゆっくりと内側にひねります。
下腿の前側から外側を伸ばせます。




アキレス腱のストレッチ
①片脚を前に曲げ、もう一方の足を後ろへ伸ばします。
②足裏を床につけたまま、腕を曲げて壁の方に重心を移動させます。
ふくらはぎやアキレス腱を伸ばせます。
足首(前側)のストレッチ
①イスに座り、片脚をもう一方の脚の膝に乗せます。
②つま先をつかんで、脛からつま先が一直線になるように伸ばします。
脛から足首を伸ばせます。足首をまわしたり足指の曲げ伸ばしも行うと効果的です。
足首(外側)のストレッチ
①肩幅に足を開いてイスに座ります。
②手で膝の外側を押さえ脚が開かないようにして、足裏を内側に向けます。
足首の外側を伸ばせます。
足裏のストレッチ
①つま先を立てて両膝で立ちます。
②腰を下ろして、お尻をかかとに乗せます。
足裏を伸ばせます。足裏を指で押すのも効果的です。




ストレッチのしかた

  • 動きやすい服装でリラックスして行います。
  • 反動をつけて急に伸ばすようなことはせずに、静かにゆっくりと伸ばしていきます。
  • 少し痛みを感じる程度まで伸ばし、その姿勢を30秒ほど持続します。
  • 息を吸ってから吐きながら、伸ばす部位を意識して伸ばしていきます。
  • 身体が温まっていると筋を伸ばしやすく効果的です。

ストレッチの効果

  • 柔軟性が向上して動きがスムーズになり、身体への負担が減少します。
  • 筋肉の質が向上して衝撃などに強くなり、ケガの予防などに役立ちます。
  • 血行がよくなり、筋肉の疲労物質が運び出されます。栄養素がスムーズに供給され、筋肉の発達や疲労回復を促します。
ストレッチングボード エアマッサージャ
 ストレッチ
  |   |   |   |  腹筋・体側 |  背中 |  腰・臀部 |  股関節・内転筋 |  脚(大腿) |  脚(下腿)
 関連項目
 ダンベルトレーニング(下腿)
チューブトレーニング(脚)
バランスボールトレーニング(脚)
ストレッチボード