筋トレ・フィットネス&ダイエット
  トップページストレッチ腹筋・体側

腹筋・体側のストレッチ

腹直筋、腹斜筋など、筋トレ後の疲労回復を速める腹筋や体側のストレッチです。

腹筋・体側のストレッチ

腹筋のストレッチ

腹筋のストレッチ

@肩幅程度に脚を開いて立ち、腰に両手を当てます。
A両足を動かさずに、上体を後ろへ倒していきます。
お腹の前側を伸ばすことができる。
体側のストレッチ

体側のストレッチ

@両手を組んで頭上に上げ、背伸びをするように全身を伸ばします。
A腰を動かさないようにして、上体だけを横へ倒していきます。
横腹を伸ばすことができる。
下腹のストレッチ

下腹のストレッチ1

@肩幅程度に脚を開いて立ち、手を組んで前に伸ばします。
A両足を動かさずに、上体を左右にひねります。
下腹を伸ばすことができる。
下腹のストレッチ

下腹のストレッチ2

@仰向けに寝ます。
A両手を組んで、手のひらを上に向けて背伸びをします。
下腹を伸ばすことができる。
下腹のストレッチ

下腹のストレッチ3

@うつ伏せになります。
A両手で支えながら、上体を反らせていきます。
腰が床から浮いてしまうと、下腹を伸ばす効果が得られません。
腹斜筋のストレッチ

クロスオーバーレッグス

@仰向けの状態になり、片脚をひざを曲げて反対側へクロスさせます。
Aクロスさせた脚と反対の手でひざの外側を押さえ、体をねじります。
肩が床から浮かないように行います。
腹斜筋を伸ばすことができる。
腹筋のストレッチ

腹筋のストレッチ

@鉄棒などを順手でつかみます。
A脚を後ろへ伸ばし、腕を伸ばして体を反らせます。
お腹の前側を伸ばすことができる。
体側のストレッチ

体側のストレッチ

@鉄棒などを順手でつかみ、体を横に向けます。
A脚を横へ伸ばし、腕を伸ばして体側を反らせます。
横腹を伸ばすことができる。



ストレッチのしかた

  • 動きやすい服装でリラックスして行います。
  • 反動をつけて急に伸ばすようなことはせずに、静かにゆっくりと伸ばしていきます。
  • 少し痛みを感じる程度まで伸ばし、その姿勢を30秒ほど持続します。
  • 息を吸ってから吐きながら、伸ばす部位を意識して伸ばしていきます。
  • 身体が温まっていると筋を伸ばしやすく効果的です。

  • ストレッチの効果

  • 柔軟性が向上して動きがスムーズになり、身体への負担が減少します。
  • 筋肉の質が向上して衝撃などに強くなり、ケガの予防などに役立ちます。
  • 血行がよくなり、筋肉の疲労物質が運び出されます。栄養素がスムーズに供給され、筋肉の発達や疲労回復を促します。


  •  ストレッチ |   |   |   |   |  腹筋・体側 |  背中 |  腰・臀部 |  股関節・内転筋 |  脚(大腿) |  脚(下腿)




    ストレッチ
  • 腹筋・体側
  • 背中
  • 腰・臀部
  • 股関節・内転筋
  • 脚(大腿)
  • 脚(下腿)

  • カテゴリ
     効率よい筋トレ方法
     筋トレメニュー
     チューブトレーニング
     バランストレーニング
     脂肪を減らすエクサ
     ストレッチ
     有酸素運動
     食事で筋肉づくり
     カロリーダイエット

    関連項目
     チューブトレーニング(腹筋)
     お腹の脂肪を減らす

    トレーニング用品
     ストレッチ器具
     ストレッチポール