筋トレ・フィットネス&ダイエット
  TOPよく分かる筋トレステップ運動

ステップ運動で効率よく体脂肪燃焼・筋力維持や血糖値対策にも効果的

筋トレ後は体脂肪が燃焼しやすい状態になっていますが、屋外へ有酸素運動をしに行くのは面倒です。 ステップ運動なら室内で行え、必要な道具もステップ台のみです。



 目次
 1. ステップ運動の健康効果
 2. ステップ運動のしかた
 3. ステップ台・自作と市販

ステップ運動の健康効果

ステップ運動とは

ステップ運動とは、10〜20cmくらいの高さの踏み台への上り下りを繰り返す運動です。 雨の日など、屋外での運動がしにくいときに、室内で手軽にできます。 短い時間でも、食後の血糖値を下げるなどの効果が十分あり、慣れてきて運動を持続できれば体脂肪燃焼にも効果的です。 ステップ運動は、ジョギングほどではありませんが、ウォーキング以上の効果があります。

ステップ運動の運動強度

単位時間当たりの上り下りの回数や台の高さにより、体力に合わせて運動強度を設定することができます。
上り下りの回数運動強度
1分間に15回時速4kmのウォーキングに相当
1分間に20回時速5kmのウォーキングに相当
1分間に25回時速6kmのウォーキングに相当
1分間に30回時速7kmのウォーキングに相当


ステップ運動の消費カロリー(10分間)

時速4kmのウォーキングでは、10分間で約30kcalを消費します。
ステップ運動では、台の高さ10cmで、1分間の昇降回数20回のとき、10分間で約30kcalを消費します。 台の高さ15cmで、1分間の昇降回数15回のときも、10分間で約30kcalを消費します。
 昇降回数(1分間)
台の高さ15回20回25回
10cm25 kcal30 kcal35 kcal
15cm30 kcal38 kcal46 kcal
20cm35 kcal45 kcal55 kcal
台の高さや昇降回数を調整することで、運動強度を変えられます。

ステップで筋力維持

ステップ運動がウォーキングよりもカロリーを消費するのは筋肉を使うからです。 筋力維持するには、平地のウォーキングだけでは難しく、坂道や階段登りを取り入れることが推奨されています。 その点、ステップ運動は、階段を昇降する動作で、衰えやすい脚の筋力を維持することができます。

ステップ運動で体脂肪燃焼

有酸素運動を始めると、エネルギー源として糖質と体脂肪が使われますが、20分以上続けると体脂肪がエネルギーとして使われる割合が多くなります。 短い時間の場合は、体脂肪燃焼にはあまり効果はありませんが、血糖がエネルギーとして使われ(血糖値を下げる)、肥満や糖尿病の予防などに効果的です。



ステップ運動のしかた

ステップ運動のしかたは、@踏み台の前に立つ、A右足から台に乗る、B台に乗る、C右足から下りる、のように一定のペースで行います。 一定の回数を行ったら、左足から台に乗って左足から下りる、のように順番を入れ替えます。 音楽が流れるステップ台を使えば、リズムに合わせて一定のペースで上り下りできます。

@台の前に立つ A右足から乗る
B台に乗る C右足から下りる
上記の@〜Cで回数は1回です。

ステップ台・自作と市販

自作のステップ台

ディスカウントストアなどで安い木材を買ってきて自分でステップ台をつくったり、何かで代用するのはあまりよくありません。 相当上手につくらないと、踏み外して転倒したり、角で足を切ったりしてしまいます。 よって、できるだけ市販のものを使ったほうがよいです。また、体力に合わせて台の高さを調節することもできます。

おすすめのステップ台

エアロビクスステップ
EGS(イージーエス)
リーズナブルで人気。スローステップ運動が手軽にできます。
高さは10cm、15cmの2段階に調整できます。
ステップ台 3段調整
YouTen
3段階(10cm・15cm・20cm)に高さ調整可能です。運動時の台のズレ、床のキズを防止する専用マット付です。



 関連項目
 ウォーキングでダイエット



プライバシーポリシー