プロテインよりはるかに安価!きな粉で筋肉をつける

 

筋肉をつけるには、たんぱく質が必要ですが、きな粉(黄粉)には大豆たんぱくが豊富に含まれています。1kgで3000円ほどのプロテインに比べ、きな粉は200gで100円程度と安価なので、とても経済的です。

きな粉とプロテインの成分比較
1食(20g)当たりでの比較です。(牛乳は200cc)

栄養成分 きな粉 きな粉+牛乳 プロテイン
カロリー 87 kcal 225 kcal 79 kcal
たんぱく質 7.1 g 14.0 g 14.3 g
脂質 4.7 g 12.5 g 1.3 g
糖質 2.8 g 12.7 g 2.6 g

きな粉ドリンク
コップ1杯の牛乳(200cc)に、大さじ2杯のきな粉(12g)を溶かします。
上表のとおり、プロテインの同等のたんぱく質の量になります。
カロリーや脂質も多いですが、痩せている人が筋肉をつけるには、これも好都合です。

プロテイン
プロテインには、糖質や脂質はあまり含まれていません。
脂肪をつけずに筋肉だけをつけるというのは、筋トレ上級者や太っている人が行うことです。
痩せていて筋肉をつけたいなら、糖質も脂質も、たくさん摂る必要があります。




大豆たんぱく
きな粉の大豆たんぱくは、植物性のたんぱく質で、ゆっくりと吸収されて腹持ちがよいです。
体脂肪やコレステロールを減らすなどの働きもあります。

牛乳
一般的にプロテインと言えば、牛乳のたんぱく質を抽出したもの(ホエイ)です。
速く吸収されるのがホエイプロテインの特徴です。
筋トレ後に速く吸収することで筋肉をつける効率がよくなりますが、筋トレを初めた人には牛乳だけでも十分です。

イソフラボン
きな粉には、女性ホルモンに似た成分である、イソフラボンが多く含まれています。
イソフラボンには、歳とともに減っていく女性ホルモンを補う美容効果があり、筋トレ女子には効果的です。

ビタミン
きな粉にはビタミンも含まれていますが、プロテインと比較すると10~20%程度です。
プロテインが筋肉をつける効果が大きいのは、ビタミンB1やビタミンB6など、たんぱく質や糖質を代謝する成分も多く含まれているからです。
補いたいなら、マルチビタミンなどを利用するとよいです。

ミネラル
きな粉には、1食(20g)当たり、50mgのカルシウム、1.8mgの鉄が含まれています。
骨が丈夫でなければ筋肉はつきませんし、血をつくる鉄も必要なので、とても効果的です。