筋トレ後の外食・痩せている人が筋肉をつけるには、カツ丼が効果的

 

痩せている人は、筋トレ後にプロテインを飲んでも、なかなか筋肉がつきません。それには、いくつかの理由があり、カツ丼がそれを解消してくれます。

豚肉
筋トレ後に食べるとよいカツ丼は、豚肉のカツ丼です。
他の肉でも、筋肉をつくるタンパク質が摂れますが、豚肉が筋トレ後によいのは、ビタミンB1が多く含まれているためです。

ビタミンB1
豚肉には、ビタミンB1が多く含まれています。
ビタミンB1には、糖質を代謝してエネルギーに変える働きがあります。
糖質が代謝されることで、筋肉中のグリコーゲンをすばやく回復させることができます。

白米
白米には、糖質が多く含まれます。
筋トレのエネルギー源は、筋肉中のグリコーゲン(糖質)です。
筋トレ後に、できるだけ速く糖質を摂ることが、筋肉疲労の回復につながります。
グリコーゲン量が少ないと、大きな力を出すことができません。


卵にも、良質なタンパク質が豊富に含まれています。
筋トレ後には、ソースカツ丼よりも、卵がある一般的なカツ丼の方がよいです。




タマネギ
タマネギには、血流をよくする働きがあり、栄養素をすばやく細胞へ届けます。
効率よく筋肉をつけるには、筋トレ後すぐに食事をすることが重要です。
また、血糖値を下げる効果もあります。

カロリーが高い
カツ丼は、カロリーは高く、ダイエットにはよくないイメージがありますが、筋肉をつくるには、よい料理です。
痩せている人や筋肉がつきにくい人は、食べる量が少ないことが理由でもあるので、カロリーを多く摂ることも必要です。

脂肪
カツ丼には、脂肪も多く含まれています。
糖質やタンパク質は、1gで4kcalですが、脂肪は1gで9kcalあります。
上記のとおり、カロリーを多く摂るには、脂肪も重要です。

男性ホルモン
筋肉をつけるには、男性ホルモンが必要です。
体脂肪が少ないと、男性ホルモンが合成されず、筋トレをしても筋肉がなかなかつきません。