効率よく肩に筋肉をつける方法

肩を鍛える筋トレメニュー
筋トレを始められた方が、効率よく肩の筋肉を大きくする方法を簡単に分かりやすく解説します。肩の筋肉の特徴、肩の筋トレの頻度、肩の筋肉を強化する種目など。肩関節の動きを考慮すると効果が上がります。

肩のチューブトレーニング
肩関節をスムーズに動かせるのは、ローテーターカフと呼ばれる棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋のインナーマッスルが協調して働いているからです。
肩を痛めた場合には肩関節のズレなどが考えられられ、改善するにはチューブトレーニングが適しています。

肩のストレッチ
一般的に筋肉は太くなると硬くなって可動域が小さくなります。どんなスポーツでも、肩は可動域が大きく、スムーズに動かせることが重要です。
筋トレ後にストレッチを行うことで柔軟性を下げないようにすることも大切です。