空腹での筋トレ・血糖値が下がると筋肉の肥大に必要な力が出ない

トップ > よく分かる筋トレ > 食前・食後の筋トレ

 

空腹時は、血糖値が下がっている状態。筋トレのエネルギー源は糖質なので、あまり力が出ません。空腹時には糖質を補給して、しばらく経ってから行うようにします。

空腹での筋トレ
早朝に空腹の状態で、ウォーキングなどの有酸素運動をすると、体脂肪を燃焼すると言われます。
しかし、筋トレのエネルギー源は糖質なので、体脂肪をエネルギーにすることはできません。
筋肉などに蓄えられているグリコーゲン(糖質)が不足すれば、筋肉のタンパク質を分解してエネルギーにすることにもなりかねません。

空腹な状態でのエネルギー源
食事で摂った糖質は、グリコーゲンとして筋肉や肝臓に蓄えられます。
グリコーゲンは、筋肉に約400g、肝臓に約60g蓄えることができます。
血糖値が下がると、これらのグリコーゲンが分解されて、エネルギーになります。
グリコーゲンが不足すれば、副腎皮質ホルモンが分泌され、糖新生(筋肉を分解してエネルギーを得る)が起こる原因にもなってしまいます。

グリコーゲンの回復
筋トレではグリコーゲンを消費し、ハードな筋トレほど、消費量は多くなります。
グリコーゲンが減れば、大きな筋力を出せなくなり、回復にも時間がかかります。
空腹の状態で筋トレをすれば、グリコーゲンの消費量は多くなります。
筋肉疲労の回復=グリコーゲン量の回復 とも言えます。

血糖値が急激に上昇
空腹で筋トレをした後に食事をすると、一気に血糖値が上がってしまいます。
体が飢餓状態と判断して、脂肪を溜め込むために、急激に血糖値が上がります。
血糖値が急激に上がることは血管にもダメージを与えます。

食後の筋トレ
食後は、消化器で血液が必要となり、胃腸などの内臓に血液が集中します。
食後に筋トレをすると、血液が筋肉へ流れて、消化器で不足することになり、無理をすると消化不良を起こしたりします。
少なくても食後1時間くらいは、安静にしておくことが必要です。