シットアップベンチの筋トレ種目

シットアップベンチでの筋トレ種目・一覧とシットアップベンチの種類です。
シットアップベンチを使えば、床で行うよりも腹筋の可動域が広がり、負荷を大きくできます。

シットアップベンチの筋トレ種目

シットアップ   鍛えられる筋肉:腹筋(腹直筋)
①シットアップベンチに座り、手を頭の後ろで組みます。
②ゆっくりと上体をおこし、ゆっくりと戻します。
腹筋の上部に効果があります。
きつい時は、手を胸の前で交差すると運動強度が小さくなります。また、重い頭を持ち上げるので腰に負担がかかります。
シットアップツイスト   鍛えられる筋肉:外腹斜筋、腹直筋
①シットアップベンチに座り、手を頭の後ろで組みます。
②ゆっくりと上体をおこしながら上体をねじり、ゆっくりと戻します。
バックエクステンション   鍛えられる筋肉:脊柱起立筋、大殿筋
①シットアップベンチでうつ伏せになり、手を頭の後ろで組み、上半身を下に傾けます。
②床と背中が平行になるくらいまで、上半身をゆっくりと引き上げゆっくり戻します。
上体を反りすぎると腰に負担がかかります。※バックエクステンションができないベンチもあります。
インクライン・レッグレイズ   鍛えられる筋肉:腹筋(腹直筋)
①シットアップベンチに仰向けになり、頭を起こし、腕でベンチ上部をつかみます。
②ひざは軽く曲げた状態で、図のくらいまで足を上げていきます。
床に寝て行うレッグレイズより負荷が大きくなります。※インクライン・レッグレイズができないベンチもあります。