有酸素運動で持久力アップ

有酸素運動では、持久力アップや脂肪燃焼などの目的に合わせた心拍数を設定することにより、効果を上げることができます。

遅筋が体脂肪を燃焼させる
遅筋が鍛えられると毛細血管が発達し、血液の循環がよくなることで体脂肪を多く燃やせるようになります。

体脂肪をエネルギーとして使うには
有酸素運動を20分ほど継続すると、体脂肪がエネルギーとして最も使われる状態になります。

有酸素運動の効果を上げるには
心拍数の設定、有酸素運動が効果的な時間帯、効率よく体脂肪を燃焼させる食品など。

有酸素運動の消費カロリー
メッツ・エクササイズの説明と様々な有酸素運動の消費カロリーです。