筋トレ・フィットネス&ダイエット
  トップページ筋トレメニュー腹斜筋を鍛える

腹斜筋を鍛える筋トレメニュー

外腹斜筋を鍛える筋トレメニュー(11種目)と鍛え方、腹筋を割るために重要な、お腹の脂肪を効率よく落とす方法です。

腹斜筋を強化する種目

ツイスティング・クランチ

鍛えられる筋肉:外腹斜筋、腹直筋
ツイスティング・クランチ ツイスティング・クランチ @図1.両ひざを立てて仰向けになり、両手を頭の後ろに置きます。
A図2.上体を起こしながらねじって、ひじとひざを近づけ、ゆっくりと戻します。左右交互に行います。

シットアップツイスト

鍛えられる筋肉:外腹斜筋、腹直筋
シットアップツイスト シットアップツイスト @図1.ひざを曲げて仰向けになり、手を頭の後ろで組みます。
A図2.ゆっくりと上体をおこしながら上体をねじり、ゆっくりと戻します。

ダンベルツイスト

鍛えられる筋肉:腹直筋、外腹斜筋
ダンベルツイスト ダンベルツイスト @図1.両手にダンベルを持ち、太ももの横辺りにぶら下げて立ちます。
A図2.両足は動かさずに、両腕と上体を反動をつけずに斜め後ろにねじります。反対側へもねじり、交互に行います。

バーベルツイスト

鍛えられる筋肉:腹直筋、外腹斜筋
トランクツイスト トランクツイスト @図1.ベンチに座ってバーベルを肩に担ぎます。
A図2.両足は動かさずに、上体を斜め後ろにねじります。反対側へもねじり、交互に行います。

ダンベル・サイドベンド

鍛えられる筋肉:外腹斜筋、腹直筋
ダンベル・サイドベンド ダンベル・サイドベンド @図1.片手にダンベルを持ち、反対側の手を頭の後ろに添えて立ちます。
A図2.ゆっくりと息を吸いながら上半身をダンベルと反対側に倒し、息を吐きながら元に戻します。
(メモ)ダンベルを持つ手を変えて逆も行います。

スクワットツイスト

鍛えられる筋肉:腹直筋、外腹斜筋
スクワットツイスト スクワットツイスト @図1.両手にダンベルを持って立ち、ダンベルを胸の位置にセットします。
A図2.腹筋を意識して、体をねじってダンベルを足元横へ下ろしながらひざを曲げていきます。 B元に戻し、反対側も行います。

レッグレイズ・ツイスト

鍛えられる筋肉:外腹斜筋、腹直筋
レッグレイズ・ツイスト レッグレイズ・ツイスト @図1.仰向けになって両手を広げ、両足をそろえて床と直角になるように上げます。
A図2.腹筋を意識しながら、ゆっくりと左右交互に両足を倒していきます。

サイドブリッジ

鍛えられる筋肉:外腹斜筋、脊柱起立筋
サイドブリッジ サイドブリッジ @図1.横向きに寝た状態で、片方のひじを床につけて体を支え、両脚をそろえて伸ばします。
A図2.腰を床から持ち上げて、呼吸をしながら30秒ほど体を一直線に保ち、元に戻します。
B反対も行います。

サイドクランチ

鍛えられる筋肉:外腹斜筋
サイドクランチ サイドクランチ @図1.横向きに寝た姿勢になり、両脚を伸ばし、上の手を頭の後ろに、下の手を腹筋に置きます。
A図2.腹斜筋をゆっくりと収縮させながら肩を床から上げていき、数秒静止した後、元の状態へ戻します。

ツイスト・ニートゥチェスト

鍛えられる筋肉:外腹斜筋、腹直筋
ツイスト・ニートゥチェスト ツイスト・ニートゥチェスト @図1.ベンチに座り、縁をつかんで体を支え、両足を浮かせます。
A図2.一方のひざと反対側の胸を近づけながら、腹筋を意識して体をねじります。
Bゆっくりと戻します。

ハンギング・サイドレッグレイズ

鍛えられる筋肉:外腹斜筋、上腕二頭筋、広背筋
ハンギング・サイドレッグレイズ ハンギング・サイドレッグレイズ @図1.鉄棒にぶらさがり、ひざを軽く曲げ、体を横向きの姿勢になります。
A図2.体を横向きにしたまま、両足を上げていき、数秒静止した後、ゆっくりと戻します。

腹筋の鍛え方

上体を起こすクランチやシットアップなどは腹筋上部が鍛えられ、足を上げるレッグレイズ系の種目は腹筋下部が鍛えられます。

腹筋を割るには

腹筋を割るには、筋肉をつけるのも必要ですが、お腹の皮下脂肪や内臓脂肪を減らすことが重要です。 腹筋はもともと割れているので、お腹の脂肪が少なければ腹筋が鍛えられていない人でも割れて見えます。

効率よくお腹を引き締めるには
効率よくお腹の脂肪を落とす方法を簡単に分かりやすく解説します。



 筋トレメニュー |  上腕 |  前腕 |   |   |  腹筋 |  腹斜筋 |  背筋 |  臀部 |  大腿 |  下腿 |  内転筋・外転筋 |
  |  全身 |  握力 |  バランス


Copyright (C) 筋トレ・フィットネス&ダイエット All rights reserved