筋トレ後にマグロの山かけ・山芋がタンパク質の吸収率を上げる

トップ > 筋トレの食事 > マグロの山かけ

 

筋肉をつけるには、筋トレ後の食事で、たんぱく質を効率よく消化吸収させることが重要です。マグロの山かけには、ビタミンB6、消化促進酵素が多く含まれ、マグロのたんぱく質の吸収率を最大限に上げてくれます。

マグロ
ボディビルダーは、プロテイン以外では、鶏のササミやシーチキン(マグロ)をよく食べます。
マグロや鶏のササミは、高たんぱく低脂肪だけでなく、ビタミンB6が豊富に含まれています。
このビタミンB6が、筋肉をつけるカギになります。

ビタミンB6
ビタミンB6には、たんぱく質の代謝を促す働きがあり、筋肉をつきやすくします。
プロテインが筋肉によいのは、たんぱく質を素早く吸収できるからです。
効率よく筋肉をつけるには、このスピードが重要です。
マグロにはビタミンB6が豊富に含まれているので、同様に、たんぱく質を素早く吸収させることができます。




山芋
山芋のネバネバ成分には、たんぱく質の消化吸収をよくする働きがあります。
マグロの山かけは、高たんぱく低脂肪で、たんぱく質の吸収率も上がります。
ネバネバ成分は、熱や酸に弱いので、熱いごはんや味噌汁、酸っぱいものを一緒に食べると効率が下がってしまいます。

消化酵素
山芋には、アミラーゼという消化酵素が含まれています。
消化酵素が糖質をエネルギーに変えてくれるので、スタミナアップや筋肉疲労の回復に効果的です。
また、余分な糖がエネルギーに変わり、体脂肪になるのを防止できます。

とろろ
マグロの山かけでなくても、とろろごはん、とろろそばを食べるなら、卵を入れるとよいです。
卵のたんぱく質の吸収率が上がって、効率よく筋肉をつけることができます。