シトルリン・筋肉が膨張して大きくなる

トップ > 筋トレの食事 > シトルリン

 

シトルリンは、スイカから発見された遊離アミノ酸の一種です。血液中に一酸化窒素を増やして、血管を拡張させる働きがあります。血流がよくなることで、筋肉向上、疲労回復などを促進します。

シトルリンとは
シトルリンは、スイカ、メロン、キュウリ、ゴーヤなど、瓜科の植物に含まれています。
シトルリンには、体内で一酸化窒素の生成を増やす働きがあります。
一酸化窒素が増えると、血管が拡張して、血流がよくなります。

吸収率が上がる
血流がよくなることで、栄養補給は疲労物質の除去がスムーズに行われます。
プロテインやBCAAと一緒に摂れば、筋肥大させる相乗効果が得られます。

筋肉が膨張する
筋肉の血流量が多く維持されると、筋肉がパンプアップして大きく膨張します。
筋肉を大きくするには、トレーニングで筋肥大させることが必要ですが、シトルリンには筋肉を膨張させる働きがあり、さらに膨張した筋肉を維持することができます。
要するに、自分の持っている筋肉以上に大きく見せる、維持することができます。

成長ホルモン
筋肉がパンプアップすると、成長ホルモンの分泌が促進されます。
成長ホルモンが、タンパク質の合成を活発にして、筋肉を効率よくつけることができます。
また、体脂肪を分解する働きもあり、除脂肪体重を増やすことができます。

筋肉痛を抑える
シトルリンには、疲労の原因とあるアンモニアを体外へ排出させる作用があります。
これにより、筋トレ後の疲労物質除去、筋肉痛を抑制する効果もあります。




サプリメント
スイカやメロンを食べても、シトルリンの含有量は微量なので、血管が拡張しません。
夏が旬の食品は、逆に、体を冷やす働きがあります。
シトルリンの効果を得るには、サプリメントで摂ることが適切です。
大手のメーカーでも販売しているので、試してみるとよいです。

BCAA シトルリン プラス
Kentai(健康体力研究所)
1食当たり、筋肉づくりに重要なアミノ酸であるBCAA5,000mg、アルギニン500mg、シトルリン500mgが摂れます。