筋トレ・フィットネス&ダイエット
  トップページ効率よい筋トレ方法

効率よい筋トレ方法

懸垂で効率よく筋トレ 懸垂で筋肉を太くする方法、筋力を高める方法、懸垂が1回もできない場合の筋トレ方法、筋肉があるのに懸垂ができない原因などです。
片手懸垂ができるまで 片手懸垂ができるようになるまでの筋力トレーニングの方法、腕や手首の使い方、必要な筋力、おもりの使用方法など。
筋力をつけるには 筋力をつけるとは、筋肥大させる、筋動員力、筋持久力を上げるなどあり、自分にとって適切な筋トレが大切です。
最大筋力の測定 筋力をつけるには、自分の最大筋力を測定し、これをもとに負荷を設定する必要があります。
筋動員トレーニング 筋動員する能力を高めて筋力アップするトレーニング方法を解説しています。細身でも力が強い人は、多くの筋線維を動員できます。
筋肥大トレーニング 筋肥大させるには、筋繊維を損傷させる、低酸素状態にする、乳酸を溜める、などのトレーニング方法があります。
筋持久力・全身持久力トレーニング 筋肉自体の持久力である筋持久力と、試合の終盤まで力を発揮する全身持久力を高めるトレーニング方法です。
筋肉の動作と筋トレの動作スピード 筋肉の動き方には、コンセントリック動作、エキセントリック動作、アイソメトリック動作の3つがあります。 また、負荷を持ち上げるときのスピードの違いによって、トレーニングの効果が変わってきます。
トレーニングの順序 筋トレを行うと徐々に疲労の影響を受けるので、各種目や鍛えたい部位の順序を考慮することが重要になります。
トレーニング頻度と回復時間 筋力をつけるには、超回復を考慮してトレーニング頻度を決めることが重要です。疲労が残る状態でのトレーニングは、逆に筋力を下げてしまいます。
筋肉痛の原因と回復 筋肉痛の原因となる運動は、エキセントリック収縮(筋肉が伸ばされながら力を発揮)する運動です。また、『筋肉痛が治ること=超回復』ではありません。
自重トレーニング 器具を使わずに手軽にできる自重トレーニングで筋肥大させる方法、スロートレーニングなど。
パワー・瞬発力をつけるトレーニング 実践で力を発揮できる筋肉にするには、鍛えた筋肉にパワーをつけるようなトレーニングが必要です。
筋肉トレーニングのマメ知識 筋トレをしても筋肉がつかないのはなぜか、1日に増える筋肉量、パンプアップとは、トレーニングを行う部位の順番など。
筋肉がつかない原因 体脂肪が不足すると男性ホルモンの合成が不十分になり、筋トレをしても筋肉がつかないことにもなりかねません。
加齢に伴う筋量減少 適切な筋力トレーニングを継続すれば、高齢者でも筋量や骨密度を維持・増加もさせることも可能です。
体力測定 腕立て伏せ、シットアップ、握力、立位体前屈、安静時脈拍などの筋力測定表です。
腕立て伏せ 負荷比較 腕立て伏せの種類とやり方、インクラインやデクライン、ひざ付の負荷の比較など。
レッグレイズ 負荷比較 レッグレイズの種類とやり方、インクライン、ハンギングでの負荷の比較など。
筋肉の名称図 筋肉図と主要な筋肉の役割を説明しています。
筋トレ用語(部位・姿勢・動作) プローン、スーパイン、アップライト、ベンドオーバーなど、筋力トレーニングの用語を例説明しています。
ダンベルの種類 ダンベルには重量が一定なものと、プレートの脱着により重量を調整できるものがあり、用途により使い分けます。
効率よく腕を太くするには 筋トレを始められた方が、効率よく腕を太くする方法を簡単に分かりやすく解説しています。
効率よく胸板を厚くするには 筋トレを始められた方が、効率よく大胸筋をつける方法を簡単に分かりやすく解説しています。
効率よくお腹の脂肪を落とす お腹の脂肪は他の部位と比べると比較的簡単に落とすことができます。
ダンベルだけでベンチプレス 自宅でベンチが無くても、ダンベルだけでベンチプレスをするには。





カテゴリ
 効率よい筋トレ方法
 筋トレメニュー
 チューブトレーニング
 バランストレーニング
 脂肪を減らすエクサ
 ストレッチ
 有酸素運動
 食事で筋肉づくり
 カロリーダイエット

トレーニング用品
 ダンベル・バーベル
 上半身を鍛える器具
 リストを鍛える器具
 下半身を鍛える器具
 腹筋を鍛える器具
 背筋を鍛える器具
 全身を鍛える器具
 ストレッチ器具
 サプリメント