筋トレ・フィットネス&ダイエット
  トップページ筋肉づくりマグネシウム

マグネシウムを多く含む食品

1日の目安量・・・300mg

現代の食生活では、マグネシウムはただでさえ不足しがちなミネラルです。
エネルギーをつくるのに必要で、運動量が増えるとマグネシウムの必要度も増えます。


マグネシウムの働き
  • ビタミンB群とともにエネルギーをつくるのにかかわっています。
  • カルシウムとともに筋肉の収縮にかかわっています。
  • 運動での発汗により大量に失われるので、補給が必要です。
  • せっかく必要量を摂っても、カルシウムを摂りすぎると体外に排出されてしまいます。
  • カルシウムとマグネシウムの摂取の割合を2対1とするとバランスが良くなります。
  • 不足すると、疲労回復が遅れたり、筋肉のけいれん、狭心症、心筋梗塞などの要因にもなります。
  • 食品からの摂取では不足しがちなので、サプリメントからの摂取も有効です。


  • マグネシウムを多く含む食品
    食品 1食あたり マグネシウムの量
    ごはん(胚芽)どんぶり1杯81 mg
    ごはん(白米)どんぶり1杯37 mg
    納豆50 g50 mg
    枝豆50 g36 mg
    油揚げ50 g65 mg
    がんもどき50 g48 mg
    アーモンド30 g81 mg
    カシューナッツ30 g72 mg
    落花生30 g60 mg
    干しえび20 g104 mg
    にぼし20 g46 mg
    しらす干し50 g40 mg
    カキ5 個56 mg
    あさり50 g50 mg
    はまぐり50 g40 mg
    いくら50 g48 mg
    すじこ50 g40 mg
    ほうれんそう50 g41 mg