筋トレ・フィットネス&ダイエット
  トップページ食事で筋肉づくり亜鉛

亜鉛を多く含む食品

1日の目安量・・・8〜10mg

細胞をつくったり免疫力の強化などに必要なミネラルです。
不足しがちなビタミンで、不足すると肌が荒れる、傷が治りにくい、胃腸障害などの要因となります。


亜鉛の働き
  • たんぱく質の合成や成長(細胞分裂)などにかかわっています。
  • 強度の大きい運動をすると排出量がより増えるので、十分な摂取が必要です。
  • 不足すると発育に影響が出たり、免疫力の低下により風邪をひいたり、胃腸障害などを引き起こします。
  • ビタミンCとともにコラーゲンの合成にかかわっています。
  • ビタミンCやクエン酸といっしょに摂ると吸収がよくなります。
  • 肉・魚介類などに含まれています。



  • 亜鉛を多く含む食品
    食品 1食あたり 亜鉛の量
    牡蠣(カキ)5 個9.9 mg
    豚レバー100 g6.8 mg
    牛肉(肩ロース)100 g5.8 mg
    牛もも肉100 g4.0 mg
    コンビーフ100 g4.1 mg
    うなぎ蒲焼50 g1.4 mg
    帆立貝50 g1.4 mg
    たらこ30 g0.9 mg
    かに50 g2.0 mg
    納豆50 g1.0 mg
    そら豆50 g0.7 mg
    アーモンド30 g1.3 mg
    カシューナッツ30 g1.6 mg
    チーズ30 g0.9 mg
    にぼし20 g1.4 mg
    いりごま10 g0.7 mg