筋トレ初心者が肩(三角筋)を大きくするには

筋トレを始められた方は、腕立て伏せで肩の基礎をつくり、十分に慣れてきたらショルダープレスなどの三角筋を強化する種目を取り入れるようにします。ベンチプレスでも、大胸筋と同時に三角筋も鍛えられています。

まずは、腕立て伏せ
筋トレを始められた方は、まずは筋トレの基本である腕立て伏せで、肩や周辺の筋肉を強化します。
いきなりショルダープレスなどを行うと肩を痛める恐れがあります。
肩の部分的なトレーニングは、基礎がしっかりさせてから行うのが重要です。

肩を覆う三角筋
肩を覆っている筋肉が三角筋で、前部・中部・後部に分けることができます。
肩を動かす方向によって三角筋の前部・中部・後部など使われる部位が変わるので、部分的に鍛えたい場合には、いくつかの種目を行う必要があります。

肩の筋肉を大きくするには
肩の筋肉を大きくするには、ショルダープレスが基本です。
ショルダープレスでは、三角筋全体に大きな負荷を掛けることができます。
余裕があれば、フロントレイズで前部、サイドレイズで中部、リアレイズで後部を部分的にトレーニングします。
腕立て伏せやベンチプレスでも三角筋は鍛えられているので、肩の筋トレは、ショルダープレスだけでも十分に効果があります。

ショルダープレス
ダンベル・ショルダープレス ダンベル・ショルダープレス
①図1.ベンチなどに座り、両手にダンベルを持ち、肩の高さくらいに保持します。
②図2.息を吐きながらゆっくりとダンベルを持ち上げ、息を吸いながらゆっくりと元の姿勢に戻します。




肩の筋トレの頻度
肩の筋肉を大きくするには、10回くらい反復できる負荷で、ショルダープレスを10回×3セットほど行います。
さらに余裕があれば、フロントレイズ、サイドレイズ、リアレイズを、各10回×数セット行います。
それぞれの種目で10回くらい反復できる負荷が異なるので、種目ごとにダンベルの重量を変える必要があります。
回復日数は2~3日かかるので、頻度は週2、3回が適当です。

余裕があれば3種類
フロントレイズで三角筋前部、サイドレイズで三角筋中部、リアレイズで三角筋後部を部分的にトレーニングします。
3種類行うのはたいへんなので、筋トレに余裕があれば行うようにします。
肩には、胸や大腿などのように大きな負荷を掛けられないので、効果が表れるまでには時間がかかります。

フロントレイズ
ダンベル・フロントレイズ ダンベル・フロントレイズ
①図1.両手にダンベルを持って立ちます。
②図2.肩の高さになるくらいまで、前方へダンベルを持ち上げ、ゆっくり戻します。
サイドレイズ
ダンベル・サイドレイズ ダンベル・サイドレイズ
①図1.両手にダンベルを持って立ちます。
②図2.両手と肩が一直線になるくらいまでダンベルを持ち上げ、ゆっくり戻します。
リアレイズ
ダンベル・リアレイズ ダンベル・リアレイズ
①図1.両手にダンベルを持ち、腰を引いてひざを軽く曲げ、上半身を前傾させます。
②図2.肩の高さになるくらいまで、側方へダンベルを持ち上げ、ゆっくり戻します。

肩が軋む
肩を動かすと軋むなどする場合には、グルコサミン、コンドロイチン、コラーゲンなどのサプリメントを摂るとスムーズに動かせるようになるかも知れません。
肩は痛めやすく治りにくい部位なので、大きすぎる負荷など無理は禁物です。肩を痛めたらトレーニングは避けたほうがよいです。




 筋トレメニュー
 上腕 |  前腕 |   |   |  腹直筋 |  腹斜筋 |  背筋 |  臀部 |  脚(大腿) |  脚(下腿) |   |  握力 |  基本8種目
 スポーツ別の筋トレ
 ゴルフ |  野球 |  サッカー |  バレーボール |  バスケットボール |  テニス |  バドミントン |  卓球 |  陸上・短距離 |  陸上・長距離 |  陸上(投てき・跳躍) |  水泳 |  スキー・スノーボード |  柔道・レスリング |  格闘技・ボクシング