ビタミンB6が多く含まれる食品・たんぱく質を筋肉に変える

 

たんぱく質や脂質の代謝を促し、筋力アップと脂質の燃焼に効果があります。
不足すると貧血や免疫力低下、無気力などの原因となります。
1日の上限量は60mgに定められています。

ビタミンB6の働き

  • たんぱく質の代謝にかかわっています。
  • 神経機能の維持などにもかかわっています。
  • 筋トレ後などに、たんぱく質を多く摂取した場合などは、必要量が増します。




ビタミンB6が多い食品

食品 1食あたり ビタミンB6の量
牛レバー 50 g 0.44 mg
牛もも 80 g 0.27 mg
鶏のささみ 80 g 0.53 mg
鶏のむね肉 80 g 0.38 mg
さんま 1尾 0.77 mg
かつお 刺身5切れ 0.76 mg
まぐろ 刺身5切れ 0.64 mg
あじ 1尾 0.52 mg
さば 1切れ 0.50 mg
玄米ごはん 1膳 0.36 mg
白米ごはん 1膳 0.16 mg
バナナ 1本 0.34 mg
にんにく 2かけ 0.15 mg
納豆 1パック 0.12 mg

水溶性ビタミン
1日の推奨量・・・1.2 mg

ビタミンB6
ビタミンB6は、筋トレ後に摂ったタンパク質を、効率よく筋肉に変えるのに必要な成分です。
ボディビルダーが御用達の鶏のササミやムネ肉、ツナ(マグロ)などに多く含まれています。

たんぱく質が多い食品
肉類、魚介類、豆、卵、乳製品などの、たんぱく質含有量です。気になるカロリーと脂質量も表示しています。