1日5食ダイエット・1食の糖質を減らしてエネルギーを使い切る

1日2食から1日3食にするだけでも代謝は上がります。1日に同じ量を食べる場合、食事の回数が多いほうがエネルギーが余ることなく使われます。

 目次
1. 食事の回数を増やすと体脂肪にならない
2. 1日5食ダイエットのやり方




 

食事の回数を増やすと体脂肪にならない

1日5食ダイエットとは

1日5食ダイエットは、1日の摂取カロリーは変えずに、食事の回数を5回にする方法です。
食事で摂取したカロリーは、基礎代謝や運動によって消費されないと、体脂肪になります。
1日5食にすることで1回に摂取するカロリーが減り、エネルギーとして余ることなく消費されます。

食事の回数が少ないと

食事の回数が少ないほど、1回の食事で摂取する糖質量が多くなり、血糖値が急激に上昇します。
するとインシュリンが多く分泌され、血糖が体脂肪に変わってしまいます。
また、食事の間隔が長くなることで空腹感が強まり、ドカ食いなどをしてしまいます。

食事の回数を増やすと

食事の回数を増やすと、1回の食事で摂取する糖質量が少なくなり、血糖値の上昇は緩やかになります。
1日5食ダイエットにより、インシュリンの分泌も少なく、血糖が体脂肪に変わることが少なくなります。
また、食事の間隔が短いので、それほど空腹感もありません。

食事でエネルギー消費

食事をすると体がポカポカしますが、これは食べ物を消化吸収するときにエネルギーが使われるからです。
食事をするだけでも、食べたものの10%くらいはエネルギーとして消費されます。

1日5食ダイエットのやり方

1日5食ダイエットの仕方

1日の摂取カロリーは変えないので、1日3食で2000kcal摂っていたなら、1日5食でも2000kcalです。
1日5食ダイエットでは、400kcal×5回のように、できるだけ均等にカロリーを摂るようにします。
一般的に食後3時間くらいで血糖値が元に戻るので、食事の間隔は3時間くらいにします。
なかなか難しいですが、食事をする時間は、7時 → 10時 → 13時 → 16時 → 19時 のようにします。

食物繊維を多く摂る

単に、1回の食事量を減らして5食にすると、なかなか空腹感が消えず、失敗してしまう可能性が高いです。
1日5食ダイエットを成功させるには、満腹感を得ることが必要です。
カロリーのない緑黄色野菜、海藻、コンニャク、寒天などの食物繊維を多く摂って、空腹感をなくすことが重要です。

糖質だけはNG

カロリーが低くても、お粥、お茶漬けなど、糖質に偏った食事はNGです。
糖質の割合が多いと、すぐに、お腹が空いてしまうので、お粥なら卵を入れるなどするとよいです。

1日3食が基本

1日に2食しか食べていない人は、いきなり1日5食ダイエットをしても続きません。
まずは、1日3食にすることが大切です。
1日3食にするだけでも、ダイエットの効果は表れます。

3D振動マシン
1日たった10分の簡単運動で、最大2時間のウォーキングに匹敵。
99段階に振動レベル調整可能で、体力に合わせたトレーニングが可能です。
Bluetooth対応音楽プレーヤー内蔵。
耐荷重150kg。
パワースリマー2000
K&G
人間工学による腰や首への負担をなくした安全設計で、腹筋を短時間で集中的に引き締めます。

 




 

 関連記事
1日5食ダイエット
体を温める食品と冷やす食品
牛肉赤身のL-カルニチンが脂肪燃焼を助ける
薬味(生姜・にんにく・唐辛子)で代謝を上げる
ナッツ類(クルミ・ピーナッツ)が代謝を上げる
アミノ酸を摂って体脂肪燃焼
黒酢・豊富なアミノ酸で美肌&冷え性改善
便秘になる理由と対処法
水分が不足すると太る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です