糖新生による筋肉の減少を防ぐには

糖新生とは筋肉のタンパク質を分解してエネルギーにすること。
糖新生が起こると筋肉量が減ってしまい、基礎代謝が低下することで体脂肪がつきやすくなります。
筋肉を維持するには、適切な筋力トレーニングと食事が重要です。

糖新生とは・糖新生が起こる原因

糖質とグリコーゲン

食事で糖質を摂ると、グリコーゲンという形で筋肉や肝臓に蓄えられます。
グリコーゲンは筋肉に約400g、肝臓に約60g蓄えることができます。
血糖が下がると、筋肉や肝臓のグリコーゲンが分解されて、血液中に放出されてエネルギーになります。

糖新生とは

糖新生とは、貯蔵されているグリコーゲンが少なくなったときに、筋肉のタンパク質を分解してブドウ糖をつくり、エネルギーにすることです。
糖新生が起こると、筋肉量が減ってしまい、基礎代謝が低下することで体脂肪がつきやすくなります。
これがいわゆる、リバウンドです。




 

糖新生が起こる原因

糖新生は、極端に糖質を制限したダイエットで起こります。
筋トレでも、トレーニング後の食事によっては、起こることがあります。
筋トレに慣れてくると、体脂肪を落としたいという欲が出て、糖質や脂質を控えて、タンパク質ばかりを摂るようになります。
筋トレのエネルギー源は、ほとんどが糖質なので、糖質を控えることを続けていると、日ごとにグリコーゲンの貯蔵量が減っていき、糖新生が起こることにもなります。

脳のエネルギー源

脳のエネルギー源は、糖質のみです。
脳だけでも、1日に120gの血糖を消費すると言われます。
筋トレをしなくても、食事で十分な糖質を摂っていなければ、体内のグリコーゲンの貯蔵量は減っていきます。

消費したグリコーゲンを回復させる

筋トレ後に十分な食事を摂れば、24時間くらいで筋肉のグリコーゲンを元の状態まで回復できます。
筋トレの強度が高いほど、トレーニング量が多いほど、グリコーゲンの消耗が激しく、回復にも時間がかかります。
グリコーゲンが回復しなければ、疲れが残ります。

十分な休息をとることも必要

筋肉のグリコーゲンが回復できていない状態で、筋トレをすることも、糖新生につながってしまいます。
筋トレをしているのに、筋肉がつかないどころか、減っていくことも起こりえます。

バーンマシン ゴールドラグジュアリー 6.2kg
中級者~上級者用のマシンです。バーンマシンシリーズの最終系。荷重バーで、2段階に重量調整ができます。重量6.2kg。

 




 

 関連項目
筋肉をつける食事のしかた
筋トレをしても体重が減らない原因
筋トレと熟睡で成長ホルモンを最大限に分泌

 

 筋トレメニュー
 上腕 | 前腕・手首 |  |  | 腹直筋 | 腹斜筋 | 背筋 | 臀部 | 脚(大腿) | 脚(下腿) |  | 全身 | 握力