大胸筋のトレーニング効果を上げるには

筋トレの効果を上げるには

胸のトレーニングは最初に行う

ダンベルレスの前にダンベルカールなどを行うと、腕が疲れてベンチプレスがよい状態で行えないので、腕の筋トレよりも先に大胸筋の筋トレを行います。

脚のトレーニングは別の日に行う

大胸筋や脚(大腿)の筋肉は大きくエネルギーを多く使うので、筋トレの始めに行うのが基本です。
スクワットの後のベンチプレス、またはその逆も、精神的にも疲れてよい状態で行えないので、別の日に分けて行うとよいでしょう。

広背筋も同時に鍛える

上腕二頭筋と上腕三頭筋、大腿四頭筋とハムストリングスのように、大胸筋と広背筋は拮抗筋です。大胸筋は腕で前へ押す筋肉、広背筋は腕を後ろへ引く筋肉です。
この2つの筋肉のバランスが崩れないように、大胸筋だけでなく同時に広背筋も鍛えることが大切です。

ベンチプレスをしても大胸筋がつかない場合

自分では大胸筋を使っているつもりでも、腕や肩の力で上げてしまっていることが考えられます。
このような場合は、バーベルを持つ手の間隔を広げて上腕三頭筋が使われる割合を下げれば、大胸筋が使われるようになります。




 

各スポーツでのトレーニング効果

テニス

サービスをスピードアップするには、ひじを高く上げて腕を前に振り出すことが必要です。
そのためには肩と胸の筋力と連動性が重要なので、アームプルオーバーやダンベルフライを取り入れるとよいです。
大胸筋が強化されるとレシーブの安定にもつながります。

陸上競技

短距離のスピードアップには、ベンチプレスで胸板をが厚くするようなトレーニングが必要です。
腕振りが速くなると脚の回転も速くなり、上体のブレが少なくなるとスピードのロスがなくなります。
中・長距離でもリズミカルな腕振りには大胸筋ですが、重いウェイトではなく、軽いウェイトでの筋持久力を高めるトレーニングを行うとよいでしょう。

自転車競技

スプリントや坂道でのスピードを上げるには、脚力だけでなく上半身の筋力も重要です。
爆発的に馬力を上げるには、ハンドルを胸に引きつけるような腕や胸の筋力が必要です。
また、腹筋や背筋の体幹を強化することで上体のブレを抑えることができます。

ボディビルダーのトレーニング例

胸板を厚くしたいのが目的なら、下記のトレーニングを週2回行います。
10回くらい反復できる負荷のダンベル・バーベルを用いて行います。

【例】4種目を各10回×5セットずつ行います。
①ベンチプレス
②ダンベルフライ
③インクラインダンベルプレス
④インクラインダンベルフライ

ダンベル 63kg スペシャルセット
アイロテック
ハードトレーニーのためのスペシャルセット。通常のダンベルでは装着できない重量調整が可能です。
ダンベルシャフト55cm(3kg)×1本、5kgプレート×12枚

 




 

 関連項目
効率よく胸板を厚くするには
ストレッチ(胸)
テニスの効果的な筋トレ
陸上(短距離)の効果的な筋トレ
陸上(長距離)の効果的な筋トレ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です