遅筋が衰えると脂肪を燃焼できない

遅筋は、体脂肪もエネルギーにするので、たくさん燃やせるようになります。

筋肉は2種類

筋肉は、細い筋線維の束ねたものです。
筋肉がつくことは、筋線維の数は変わらずに、1本1本の筋線維が太くなることです。
筋線維には、瞬発力に優れた速筋線維と、持久力のある遅筋線維があります。

筋肉のエネルギー源

速筋のエネルギー源は、筋肉などに蓄えられているグリコーゲン(糖質)だけです。
遅筋は、糖質だけでなく、体脂肪もエネルギー源にできます。

遅筋が衰えると

有酸素運動をしなくなると、遅筋が衰えてきます。
男性は、筋トレなどで速筋は鍛えますが、遅筋はあまり鍛えない傾向にあります。
遅筋が衰えると、代わりに速筋が使われるようになり、エネルギーを糖質に依存し、体脂肪を燃やせない体になってしまいます。

体脂肪を燃やせないと

遅筋が衰えると、脂肪を使えず糖質に依存しているので、血糖値の変動が大きくなり、疲れやすくなります。
空腹感も感じやすくなり、たくさん食べてしまうことで、太りやすい体質にもなります。

懸垂マシン
高級スチールを採用して軽量かつ安定性を向上した懸垂器具です。
サイズ:幅100×奥行65×高さ145-205cm、重量:22.5kg
耐荷重 150kg

 




 

 関連項目
陸上(中・長距離)の効果的な筋トレ
全身持久力トレーニング・心肺機能を高め、最大酸素摂取量を向上
脚のストレッチ

 

 筋トレメニュー
 上腕 | 前腕・手首 |  |  | 腹直筋 | 腹斜筋 | 背筋 | 臀部 | 脚(大腿) | 脚(下腿) |  | 全身 | 握力