筋トレで脂肪燃焼の効率を上げるには

太ももは、全身で最も筋肉量の多い部位なので、強化するとカロリーをたくさん消費します。体脂肪を燃焼するにも、脚の筋肉を使う有酸素運動が必要です。

筋トレで体重を減らすには

筋肉と脂肪の重さ

ダイエットを体重で考えるのは、よくありません。
同じ体積の場合、筋肉の重量は、脂肪の重量の1.22倍です。
体重は変わらなくても、筋肉が1kg増えて、脂肪が1kg減れば、体積は小さくなるので、引き締まって見えます。

速筋と遅筋

筋肉には、大きな力を出せる速筋と、力は小さいが持久力に優れた遅筋があります。
陸上競技で言えば、速筋は短距離種目や投てき種目で使われ、遅筋はマラソンなどの長距離種目で使われます。
速筋のエネルギー源は糖質のみですが、遅筋は体脂肪もエネルギーにできます。

負荷で鍛えられる筋肉が異なる

重いダンベルを使えば速筋が鍛えられ、軽いダンベルを使えば遅筋が鍛えられます。
重いダンベルとは、せいぜい10回くらいしか反復できない重量、軽いダンベルとは30回くらい反復できる重量です。

体脂肪を燃焼させるには

筋トレで体脂肪を燃焼させることは、遅筋を強化することです。
遅筋を鍛えるには、30回くらい反復できる負荷でトレーニングすることが必要です。
遅筋が強化されると、体脂肪がエネルギーに使われます。

脂肪燃焼の効果を上げるには

太ももの筋肉を鍛える

太ももは、全身で最も筋肉量の多い部位なので、強化するとカロリーをたくさん消費します。
体脂肪を燃焼するにも、脚の筋肉を使う有酸素運動が必要です。
体重を減らすには、腕や肩、腹筋よりも、太ももの筋肉を強化することが効率がよいです。

筋トレ後に有酸素運動

筋トレの後は、成長ホルモンが多く分泌される状態が3時間ほど続きます。
成長ホルモンには、体脂肪を分解する働きがあり、この時間帯に有酸素運動をすることで、体脂肪がエネルギーとして使われます。
ウォーキングやジョギングでなく、散歩や買い物などの軽い運動でも効果が十分にあります。

シックスパッド・アブズフィット

もっと強く、美しいボディへ。世界No.1フットボーラーであるクリスティアーノ・ロナウドのトレーニング理論から誕生した、革命的トレーニング・ギアです。

バランス&ツイストボード「キュキュ」
ひねり運動、バランス運動、シーソー運動、ツボ刺激など、両面で1台6役のツイスターです。
サイズ:直径32.5cm×厚さ7.5cm、重量1.3kg

 




 

 関連項目
効率よくお腹の脂肪を落とすには
遅筋を鍛えて持久力アップ&脂肪燃焼
筋トレ後にステップ運動で効率よく体脂肪燃焼

 

 筋トレメニュー
 上腕 | 前腕・手首 |  |  | 腹直筋 | 腹斜筋 | 背筋 | 臀部 | 脚(大腿) | 脚(下腿) |  | 全身 | 握力