筋トレ・フィットネス&ダイエット
  トップページバランスボール > バランスディスク

バランスディスク体幹トレーニング

空気を入れて使用するバランスディスクの不安定な足場で、バランスを取りながらスクワットなどを行うことで、主働筋と同時に普段あまり使われないインナーマッスルが強化されます。 また、バランスボールと比べて転倒する危険がありません。

バランスディスク体幹トレーニング

スクワット(ディスク2個)
鍛えられる筋肉:脚+全身
@バランスディスクの上に立ちます。
Aバランスを取りながら、ひざを曲げて腰を下ろしていき、ゆっくり戻します。

スクワット(ディスク1個)
鍛えられる筋肉:脚+全身
@1個のバランスディスクの上に立ちます。
Aバランスを取りながら、ひざを曲げて腰を下ろしていき、ゆっくり戻します。
(メモ)ディスク2個の場合より不安定で難しいです。

フロントランジ
鍛えられる筋肉:脚+全身
@前にバランスディスクを置いて立ちます。
A片足を踏み出してバランスディスクに乗ったら、バランスを取りながら踏み込み、ゆっくり戻します。

Vシット
鍛えられる筋肉:腹筋+全身
@バランスディスクの上に座ります。
Aバランスを取りながら、腕と足を伸ばして10秒程度キープし、ゆっくり戻します。





プライバシーポリシー