筋トレ・フィットネス&ダイエット
  トップページ有酸素運動体脂肪をエネルギーに

体脂肪をエネルギーとして使うには


遅筋は始めは糖質をエネルギー源としますが、運動を継続すると体脂肪もエネルギーとして使うようになります。

エネルギー源としての糖質

運動のエネルギー源である糖質は、グリコーゲンという形で体に貯えられています。 筋肉にも貯えられていて、すぐにエネルギーとして使うことができます。 速筋も遅筋もグリコーゲンをエネルギーとして使います。 しかし量に限りがあり、なくなると運動できなくなり、食事で補給しなくてはなりません。

エネルギー源としての脂肪

脂肪は、皮下脂肪や内臓脂肪として豊富に貯えられていますが、使うためには時間がかかります。 脂肪をエネルギーとするのは遅筋で、速筋は脂肪をエネルギー源としません。 遅筋は、始めは糖質をエネルギー源としますが、運動を継続しているとやがて脂肪もエネルギーとして使うようになり、20分ほどで最も使われる状態になります。 これにより、体に貯えられているグリコーゲンの消耗を防ぐこともできます。 ちなみに脂肪が糖質と比べて使われる比率は、最大で50%と言われています。

体脂肪を燃やせないと

遅筋が衰えて、脂肪をエネルギーとして使えないと、その分も糖質に依存するようになります。 運動をすると、脂肪を使えず糖質に依存しているので、血糖値の変動が大きくなり、疲れやすくなります。 空腹感も感じやすくなり、たくさん食べてしまうことで余分な糖質が脂肪に変わり、太りやすい体質になります。

体脂肪をエネルギーとして使うには

遅筋を鍛えれば、より体脂肪をエネルギーとして使えるようになります。 運動を始めると、ホルモンによって脂肪が分解されて脂肪酸に変わり、血中に流れ出します。 脂肪酸は、筋肉内で呼吸で取り入れた酸素と結びつくことで、水と二酸化炭素に分離し、その際にエネルギーが発生します。 これが、いわゆる有酸素運動で、運動を継続することで体脂肪がエネルギーとして使われることになります。






有酸素運動
 遅筋が脂肪燃焼させる
 体脂肪をエネルギーに
 効果的に有酸素運動
 有酸素運動の消費カロリー
 ステップ運動
 エアなわとび